医院からのお知らせの最近のブログ記事

外した銀歯。。。

通常、撤去した銀歯は患者さんが希望すればお返しします。
患者さんがいらないと言った場合は、専門業者に依頼して再利用したり、金属を換金し診療所の収入となります。

しかし撤去した銀歯で、難病の子供達への支援や、ミャンマーの学校建設の支援に役立てることができます!
ハート歯科クリニックでは、患者さんからお預かりした金属をこのような支援に使わせていただいています。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

スクリーンショット 2019-11-19 18.43.50.png

スクリーンショット 2019-11-19 18.44.19.png

2011年11月1日に開業して8年が経ちました。
スタッフ、医療機器メーカの業者の方々、知り合いの先生方、そして多くの患者さんのおかげで8年を迎えることができましたsign03
これからも医療技術や知識を向上させ、より多くの患者さんに満足していただけるように頑張りますgood

歯科医師の田中先生、歯科衛生士の竹田さん、歯科助手の小林さん、歯科助手の松岡さん
4名の歓迎会をしました★
田中先生は歯周病を専門に得意とする先生ですsign01
竹田さんは歯科衛生士歴20年以上のベテランで実は出戻りのスタッフですhappy01
小林さんは歯科助手歴3年である程度内容を理解していますshine
松岡さんは初めての歯科助手といううことで緊張していますが覚えが早いup

育児休暇中のメンバー2名を含め16人の大所帯ですが、みんな仕事熱心ですし、歓迎会や忘年会、納涼会、旅行などのイベントの際は仲良く元気いっぱいに盛り上がってますscissors
僕の自慢のスタッフ達ですnotes
IMG_2455.JPG

先日歯科医師会での発表をしました。
タイトルは「自然観を求めた審美修復」!
私の得意分野の一つでもある審美治療を内容としました。

大勢の先生や歯科衛士生の前で初めは緊張しましたが発表は無事終え、高評価をいただき頑張った甲斐があります。

写真は同じスタディーグループの楡井先生です。
楡井先生は「患者要素を考慮した補綴方法の選択」という演題で発表されました。

IMG_2408.JPG

夏季休暇のお知らせ

8/11(日)~8/14(水)は休診日となります。

ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。



先日、スタッフ全員で慰安旅行いへ行きましたbullettrain
産休に入る妊娠中のスタッフもいるため今回は日帰りで。
行き先は東京。
8時27分の新幹線に乗り、17時19分には帰ってきました!
お子さんのいるスタッフも多くなってきたのでご家庭にも支障ないスケジュールで計画happy01
はとバスに乗って、ステーキを食べ満足の旅行でした。
IMG_1730.JPG

IMG_1743.JPG

スクリーンショット 2019-05-13 8.40.45.png


21日で40歳になった院長の三箇です。
土曜日の診療後に家族と外食に出かけました。
お店に入るとスタッフ全員が隠れていて、クラッカーを鳴らしサプライズshine
思い出に残る40歳の誕生日を迎えることができました。
IMG_1700.JPG

計8回のセミナー受講を終えました。
毎月静岡県浜松市まで通い学びました。

内容はコンポジットレジン修復です。
虫歯や外傷などで歯に穴が空いた、歯が欠けた部位を白い詰め物で修復する処置です。
保険治療でできる範囲と、自費治療でできる範囲がありますが、銀歯の詰め物や、被せ物、差し歯などと違い、最小限の切削で審美的に行えることが最大の魅力です。
拡大視野で的確に虫歯を取り、最先端の接着材料と技術で的確になおかつ審美的に修復可能です。

スライドベース.jpg

unnamed.jpg

歯科治療では限られた治療器具を、たくさんの患者さんに使用しなければなりません。出血を伴う処置も多く、それぞれの器具への滅菌・消毒が不十分では、院内感染が起こる可能性は増すばかりです。

当院では皆様に「安全で安心できる環境で治療をして欲しい」という考えのもと、世界水準の滅菌システムを導入いたしました。
治療を受けていただく上で、目に見えるところではありませんが、当院を信頼してご来院いただいた皆様へ、安全性を追求した最高の環境をご提供いたします。


①ミーレジェットウォッシャー

従来、器具の洗浄は、使用した器具をスタッフによる手洗いを行い、滅菌をしていたため、ミーレジェットウォッシャーの導入により洗浄力は格段に上がりました。しかし、当院でミーレジェットウォッシャーを導入する理由は、「器具を手洗いするスタッフの安全を守る」ということのほうが実は大きいのです。

医療従事者を怪我や感染から守り、全ての人に安全な医療環境作りに努めてまいります。


②クラスBオートクレーブ

患者さんを治療時の感染から守るため使用される高圧蒸気滅菌器はヨーロッパ基準で3つのクラス(クラスB>クラスS>クラスN)に分類され、最高水準クラスが「クラスB」になります。

一般的に歯を削る器具などを滅菌するにはクラスS以上を用いないと滅菌が不十分と言われていますが、残念なことに日本ではクラスNの滅菌器までしか導入していない歯科医院が多いのが現状です。当院では最高水準のクラスB滅菌器を導入し、患者さんに感染の危険性のない安全な歯科治療をご提供しています。


③ハンドピース洗浄・滅菌機 DACユニバーサル

治療後のハンドピースには、血液や様々な細菌やウイルスが付着している可能性が高いです。また、ドリル内部には唾液や削ったカスが逆流して不衛生な状態になっていますから、たとえ外側を消毒・滅菌したといっても、内部まで滅菌されていなければ、感染の可能性が残っていることには変わりがありません。
このような危険があっても、薬液消毒のみを行っている歯科医院は多く、滅菌処理を行っている歯科医院はまだ少ないのが現状のようです


④全診療台に口腔外バキューム完備

歯を削る時、目に見えないほどの細かな水や粉塵、唾液、血液が飛び散ります。

この水や粉塵、唾液、血液の飛散を吸い込で感染を防ぐ「フリーアーム・アルテオ」

を導入しています。安心でクリーンな院内環境づくりのお手伝いをしています。

IMG_1434(1).jpg

IMG_1435(1).jpg

IMG_1552(1).jpg